« addicted to 矢島美容室 | トップページ | 三橋順子『女装と日本人』をヨム »

『性欲の文化史』2

共同研究の成果、その2が出ました。


2584252_2 ■ 性欲の文化史 2 講談社選書メチエ425
井上 章一編著
定価 本体1600円+税
B6判223頁
講談社
ISBN 978-4-06-258425-8

パンチラに感謝するフランス人と、平気で見すごす中国人――
何に性感を覚えるかは、時代により異なる。
人間の性欲とは、きわめて文化的な心の持ちようなのだ。
桂離宮から澁谷センター街まで、射精抑圧から女体観察まで、感じて、そそられて、満たされる、秀逸の論究集!
(カバー解説より)

= 目  次 =

まえがき――性のなかに文化を読む (井上章一)

1.桂離宮にエロスを読む(井上章一)

2.神仙の証――中国古代房中術にみるセックスと飛翔 (梅川純代)

3.韓国整形美人事情 (申 昌浩)

4.摩登(モダン)上海にうかぶ女体の群れ (劉 建輝)

5.映画のなかの性――戦後映画史における性表現と性意識の変遷 (原田信男)

6.「ギャル男」のいる光景 (平松隆円)

7.男から生まれた女 (田中貴子)

8.ホステスたちは、何を売る? (松田さおり)

あとがき (井上章一)

|

« addicted to 矢島美容室 | トップページ | 三橋順子『女装と日本人』をヨム »

お知らせ」カテゴリの記事