« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の5件の記事

「音楽レビュー」とは何かを求めて「生活綴り方」に行き着いた話

 無人島にはチャンミンつきのつりどうぐとユノつきのライターを持参したい澁谷ですこんにちは。

 唐突に始まります。本記事の目的は9月28日リリースの東方神起5枚目の日本版アルバム『TONE』の音楽レビューを書くための準備として「音楽レビューとは何か」を明らかにすることである。準備なので『TONE』や東方神起についての言及はナシ。とっととレビューだけ読ませろやという方は近ぢかアップ予定の次エントリ(追記 12月31日エントリに執筆しました)へ飛ばれたい(ただし、結果として「音楽レビュー」にはならなかった。代わりに「音楽版・生活綴り方」というべきものになった)。

続きを読む "「音楽レビュー」とは何かを求めて「生活綴り方」に行き着いた話"

|

本日10/22より渋谷にて『百合子、ダスヴィダーニヤ』(今晩京都の映画祭での上映も)

 人類史上もっともカッコいい女として5本の指に入ること間違いなしの映画監督、浜野佐知監督の新作『百合子、ダスヴィダーニヤ』の渋谷ユーロスペースでのロードショーが本日10/22より開始しました。10時30分からのモーニング上映なので早起きして行ってね。

Yuriko

 京都で開催中の「関西クィア映画祭2011」でも見られます(今晩24時30分からののオールナイト上映にて。急げ!→詳細)。今決まっているほかの地域のスケジュールは以下です。

【大阪】 10月29日~11月4日 第七藝術劇場(十三)
10月29・30日に浜野監督の舞台挨拶があります。

【静岡・清水町】 11月19日~12月2日 シネプラザサントムーン
11月19日に浜野監督の舞台挨拶があります(ちなみに監督は静岡出身)。

【静岡・浜松】 11月19~25日 シネマイーラ
11月20日に浜野監督の舞台挨拶があります(ちなみに監督は静岡出身)。

 澁谷は生まれてはじめて映画パンフに文章を書かせてもらいました。映画に行かれた方はぜひ。

 -公式サイト→ コチラ
 -支援する会ブログ→ コチラ
 -関連エントリ→ 浜野佐知監督『百合子、ダスヴィダーニヤ』の試写会に行ってきました

|

WEBRONZA 10/21に「5人での再開を望まないファンがいる理由」を執筆

10月21日付けのWEBRONZAのテーマは「「東方神起」分裂の裏側とこれから」。澁谷は「5人での再開を望まないファンがいる理由」を執筆しました。執筆者はほかに小野登志郎さんです。
http://p.tl/9gJA

(追記) 『朝日新聞』11月1日朝刊に上記記事の短縮版「分裂後の東方神起とJYJ」を執筆しました。

|

【資料紹介】韓国の『2010コンテンツ産業白書』。主力は意外やK-POPではなく…

  すでにご存じの向きも多いかと思いますが、先月、『2010コンテンツ産業白書』が韓国・文化体育観光部から刊行されました(문화체육관광부, 2011,"2010 콘텐츠 산업백서")。

2010contents

続きを読む "【資料紹介】韓国の『2010コンテンツ産業白書』。主力は意外やK-POPではなく…"

|

【감사】 9월28일의 일본연구소 세미나에 참가해 주신 여러분

110928_125501

 928 서울대학교 일본연구소의 137 일본전문가 초청세미나 참가해 주신 여러분, 정말로 감사합니다.

 한국에서 발표하는 것은 목표의 하나이었으므로 이러한 기회를 가질  있고 매우 기쁩니다. 다음번은 조선어로 발표할  있게 어학의 공부를 열심히 하겠어요.

 유익하는 질문이나 지적은 앞으로의 연구에 반영하겠어요. 앞으로도 지도를 좋게 부탁합니다.

 시부야 토모미

-------  -------

【제  목】Kpop 일본에서 어떻게 수용되고 있는가?
              ——2009-11년의 잡지,  언설을 중심으로
【발표자】시부야 토모미 (澁谷知美)(동경 경제대학교 준교수)
【일  시】2011928() 오후 3-5
【장  소】서울대학교 국제대학원140 2GL-Room
【주  최】서울대학교 일본연구소

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »