« 【原発】※追記あり※ 避難を考えている皆さんへ。福島で「大相談会」が開催されます(2/12) | トップページ | 【原発】須賀川・郡山で二週連続、保養・避難の相談会を開催!(3/3・3/10) »

【お礼】 2/17「K-POPとジェンダー」ご来場ありがとうございました

 氷雨の降る寒い日でしたが、2月17日に実施されたイベント「K-POPとジェンダー」へご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました!

 私の「知りたい・話したい」という個人的な欲望からはじまった今回の企画ですが、来場者の方々から熱い反応をいただき、たいへんありがたいです。ジェンダー的に K-POP を見るのははじめてだったけど面白かった、今日の話で溜飲を下げた人がだいぶいるのでは等々のコメントをいただきました。

 飲み会も盛り上がりました。「男性スターへの同一化願望、分かる!」との声を複数の女性から、「K-POPブームにたいして、『俺の女に手を出すな』に似た思いはある」との声を1名の男性から、伺いました。初対面の方とも話に花が咲き、今回のイベントが対話を誘発するものだったとしたら、たいへん嬉しいことです。

 楽しい時間が持てたのも、北原さん、西森さん、毛利さんのおかげです。改めてゲストの皆さまにもお礼申し上げます。


◆ 北原みのりさん最新刊 『アンアンのセックスできれいになれた?』 朝日新聞出版

 むっちゃくちゃ面白かったです! 1970~80年代の『アンアン』のラディカルさ(いやもうびっくりした)は、読むだけでワクワクしました。それだけに、00年代の保守化が悲しすぎた。女は自由に生きてよいのだ!と思いつつも揺らいでしまう女性、そう思いたいんだけどイマイチ確信が持てない女性、自由ナニそれおいしいの?という女性、すべての女性におすすめしたいです。

01kitahara

◆ 西森路代さん最新刊 『K-POPがアジアを制覇する』 原書房

 K-POP 語りの変化(カルチャーとして語る作法からビジネスとして語る作法へ)をふまえた、時代を象徴する1冊。K-POP についての記述はもちろんのことですが、韓国社会の考察にも目が止まります。とりわけ、ヘタなポジティブ・シンキングを許さない韓国流の教育法(217頁)、ネガティブな現実を直視させる「恨」概念(224頁)などは、311以降に読み返すと味わいぶかいです。

02nishimori

◆ 毛利嘉孝さん最新刊 『増補 ポピュラー音楽と資本主義』 せりか書房

 2007年刊の増補版がつい先日刊行されました。もともと教科書として書かれた本で、「議論の土台を作ろうとした」というコンセプトのもと(12頁)、20世紀なかばのアドルノのポピュラー音楽批判から2010年代の AKB48 までがコンパクトにまとまっています。これから音楽研究をはじめようとする私にはたいへんありがたい本でした。親切でフラットな語り口が、ちまたの不親切で居丈高な音楽言説を逆照射します。

03mouri

|

« 【原発】※追記あり※ 避難を考えている皆さんへ。福島で「大相談会」が開催されます(2/12) | トップページ | 【原発】須賀川・郡山で二週連続、保養・避難の相談会を開催!(3/3・3/10) »

お知らせ」カテゴリの記事