« 芸術としての女性器@週刊ポスト9/10発売号にコメントなど | トップページ | ベビーカー論争特集@WEBRONZA 10/1 に「子供を産んですみませんと思わせる社会」 »

ティーザー写真がステキすぎる件――東方神起6集シリーズ1 ※随時更新予定

20120918catchme_y


【以下、2012年9月18日午後3時40分アップ】


  キター!!

 ヤバイ! 原稿が手につかない! 「1時間は集中しよう」って決心するんだけど、2分後には6集まつりのTLをチェックしちゃうの繰り返し!

 あたしの集中力2分!

 怠け心にカツを入れるためのハニファニも今日ばかりは却って良くない! ハニファニ聴く→ セクスィ・ユノ思いだす→ 6集、という連想になって、またTLに戻っちゃう!

 取り乱しすぎだ! 誰か! 私ヲトメテ!

 ……とりあえず今思っていることを書いて心を落ち着かせようと思います。

 -ユノのあごのラインが美しすぎる。コカ・コーラ瓶と並ぶ「そそる」曲線として、デザインの教科書に掲載されていいと思う。

 -ユノの首から下。スイカ割りしてたらおもしろい。

 -チャンミンはどう出るのか? やはり鞭なのか?

 -イエローの次はブルー、マゼンダが出るのだろうか?

 -一瞬でもコレ↑を考えてしまったトンペンは世界に何万人ぐらいいるのか?

 -しかし、東方神起のものにかぎらず、韓国CDのアートワークはステキだ。「みんなの期待の上を行ってやろう」という積極性が感じられる。

 日本のは、「みんなに嫌われないようにしよう」という消極性が感じられる。『TONE』のアートワークは良かったけども。


 原稿に戻りまーす。


【以下、2012年9月18日午後11時50分アップ】

 
夜になりました。ちょっと落ち着いてきた。

 スイカ割りは今日の午前に同じことを考えていた方がいらっしゃったみたい。考えることは皆おなじね~。

 パロディイラストやら、チャンミン写真の予想やら、チャート反映店で買おうね呼びかけやら、みんなでワッショイ♪ ってやってる雰囲気が楽しいなぁ。

 タイトルの用語ですが、イメージ写真→ ティーザー写真 に変えました。イメージも写真も同じ意味よね。取り乱しすぎた。

 『TONE』発売から1年。まだ新鮮に聴いているのに、ふたたび新しい作品を聴くことができるのは、たいへん幸せなことです。2人&周囲の努力に感謝です。

 ファンクラブイベDVDも楽しみ! ということで、おやすみなさい。


【以下、2012年9月20日午前3時15分アップ】

 出ました、チャミ様。19日午前に解禁です。

20120918catchme_c

「みなさん、チョット落ち着いてほしいですよ~。ん?」

と言っている表情……ではないと思うけど、チャンミンの聡明さと美しさがにじみ出たティーザーで、目かくしユノによる異様な昂りがいい感じに落ち着きました。

 ほっぺのあたりのケモノっぽいやつとか、向かって左下の人の頭の毛みたいのとか、何だろう?

 明日は2人写真が公開されます。楽しみ。


 このブログに東方神起目的で来てくださる方におかれましてはすでにご存じと思いますが、6集購入はチャート反映店ですると良いようです。

 CDの売り上げがチャートに反映される→ 東方さんがランキング番組や賞レースで勝つ→ 東方さんがうれしい→ ファンもうれしい

というステキ現象が発生します。芸能界もビジネスの世界だから、いくら人気があるといっても数字を出せないとダメです。

 賞レースでいちばん印象的だったのが、2008年の MKMF。Mirotic でベストアルバム賞を獲ったのですが、授賞式でチャンミンが泣きました。あの最強様が、です(授賞式の動画はコチラ。5人時代の映像)。

 2008年当時はファンではなかったので、リアルタイムで見ていません。が、ファンになって、デビュー当時から Mirotic までの活動をあれこれ見つづけて、コレ見た時はもらい泣きしました。チャンミンが泣くって本当に嬉しかったのだろうなと思って。

 私はあのシーンをもう一度見たいです。いや、泣いてくれなくてもいいんだけど。今度はリアルタイムであの感激を分かち合いたいなぁ。

 自分も分かち合いたいと思う方で、でも韓国のチャート反映店までCDを買いに行けないという方は、【東方神起 6集 チャート反映】でググってみてください。私設ファンクラブの皆さんがいろいろ方法を教えてくれています。私も韓国でCD購入と音源ダウンロードの両方をがんばります。

|

« 芸術としての女性器@週刊ポスト9/10発売号にコメントなど | トップページ | ベビーカー論争特集@WEBRONZA 10/1 に「子供を産んですみませんと思わせる社会」 »

東方神起」カテゴリの記事