« ソウルで雪が降りました(ヌン) | トップページ | WEBRONZA 1/22 に「「体罰は犯罪です」ポスターを学校に貼れ」 »

東方さん9周年オメデトウ

Tvxqsnowman

  2日遅れですが、東方さん9周年オメデトウございます。コンサートや各種イベント等々、今年はたくさん近くで見れて幸せでした。生で見る機会がまったくなくて、「東方神起って実在するんだろうか」と疑っていた2009年が嘘みたいです。

 それから、8周年オメデトウと書いた去年が昨日のことのようで、それもびっくり。1年がたつのがほんとうに早い。ユノがいうように、後悔のないように1日1日をしっかり生きないと、と思います。

 写真は先日「人気歌謡」を見るために、認証ショットを撮りに行ったときに見かけたホミン雪だるま。おそらくファンの人が作ったと思われ。2人の特徴が出ていてとても上手!

 ……とほのぼのネタでなごんだところで、最近のユノが見せるエロスについて述べたいと思います。たんに私の目にユノがエロく映るというだけの極私的な内容にすぎず、ユノペンの皆さまにとっては「今さら気づくなんざぁ100年遅いわ!」という以上の話ではありませんが、なんか書かずにいられないので。

 最近、ユノが気になります。いや、基本的に2011年以降は常にすでに2人ペンの私であり、愛情は等しく50:50に配分されているのですが、場合によっては51:49になることもあるわけです。

 韓国5集活動のときはチャンミンが51でした。理由はエロかったからです。Why の時の、目のすぐ上で切り揃えたサラサラ前髪から見え隠れする黒い瞳は、モンチッチヘアー時のやんちゃさを宿したそれとはまったく趣を異にしておりました(いや、モンチッチもかなり好きですが)。

 はじめての2人体制の不安からか、当時のチャンミンは若干の「憂い」も含んでいて、それがまたエロさを増幅させておりました。「この子はどこにこんなセクシー要素を隠していたんだ?!」と色香にむせながら思ったものでした。

 韓国6集活動の今はユノが51です。理由はエロいからです。皆さまは、2013年のビギカレンダーをご覧になりましたでしょうか。

 私は1月のユノアップを見て、「コレはあかん!」と閉じました。理由はエロかったからです。寝室のセットに白いランニングシャツ、ひざを立てて上目づかいでこちらを見ている顔は、明らかに「おはよう」といっている。誰がなんといおうと私の耳にはそう聞こえる(1)。部屋にすぐに飾るのがはばかれて、1日置いて考えたほどです。

 まぁけっきょく飾ったんですけど。

 このことをユノペンの友人に熱く語ったところ、「あれはまったくエロくない。むしろ私がエロいと思ったのは、2人の裸足のアップ(3月)である」と、熱く語られ返されてしまいました。そんなのあったっけと思うくらい私にとってはなんてことのないショットだったんですが、友人にとっては重大問題だそうで、何にエロを感じるかは人それぞれですね。

 話をもどします。ユノのエロさに最初にやられたのは、ご多分に漏れずハニバニでした。3月の福井で見たハニバニが、「今後、人生にどんな艱難辛苦が待ち受けていても、これを思い出したら克服できる」と私をして思わせたことはすでに書きましたが(2)、福井ハニバニは、「たまにぽやぽやしてるけど、めちゃくちゃカッコいい兄さん」から「セクシーアイコン」へと私のなかのユノイメージを変えるものでもありました。「ユノがなんとなく気になる」は3月のハニバニから始まったのかもしれません。

 「ユノがなんとなく気になる」を「すごく気になる」へと変貌させたのが、7月のミュージックバンクでの BoA ちゃんとのカップルダンス。動くたびにサラサラする髪、腕の筋肉がよくわかるライティング、そして BoA ちゃんとの伸長差もポイント高かったですが、なんといっても切ない表情がエロティックでした。切なさは指の先まで届いていて、人生の機微を分かっている人の表現法なのだろうと、たった40秒ていどの出演でしたが、思ったものでした。

 ユノ氏はどこにこんな引き出しを持っていたんでしょうか。というか、なぜ私は今までユノのエロスに気がつかなかったのか。ユノペンの皆さまにはいくらでもセクシーに見えていたのでしょうが、セクシーさよりカッコよさが目について、私は気がつきませんでした。

 そんなこんなで9月。6集が発売されました。トンペン界隈が大騒ぎになったティーザの目隠し写真、ギャグコンサートでの顔をかたむけながら菓子を食べるシーンで、「ユノ=セクシーアイコン説」は私のなかで決定的なものになりました。さきほど人生の機微を分かっていると書きましたが、同時にユノ本人は、案外ぽやぽやしながらポーズを取ったり、演じたりしてるんじゃないかと思わせるところもあって、余計に萌えます。

 絶えず発見があるから、トンペンはやめられません。10周年、20周年もお祝いできることを祈りつつ、約2200字の中で14回「エロ」という文字を用いたこの文章を閉じます。

----------------------------------------

 (1) 12カ月を1日の流れに見立てるのがこのカレンダーのコンセプトだから、1月は朝のシーンということには間違いはないと思われ。「おはよう」といっているかどうかは別として。

 (2) 今年11月28日の記事「東方神起ソウルコンに行ってきた!(なぐり書き)」より。あるファンの方が、「ユノ落ち」なるものがあると教えてくれました。映像よりもライブで見るユノのほうが圧倒的にパワーがある。ライブきっかけでユノに落ちる人がけっこういるのだと。おそらく私はライブ名物「ユノ落ち」にかかったのでしょう。

|

« ソウルで雪が降りました(ヌン) | トップページ | WEBRONZA 1/22 に「「体罰は犯罪です」ポスターを学校に貼れ」 »

東方神起」カテゴリの記事